介護

3Dあべのマスク1枚届く|介護ザービス利用者向け

投稿日:

緊急事態宣言中のゴールデンウィークですが、行楽地の人出は極端に少ないようで、効果が出て早い段階の終息を願うばかりです。

前日、スーパーマーケットに食料品と生活雑貨を買いに行きましたが、数量制限の商品が多くて思うような数を買えませんでした。

もやしは2袋まで、納豆は3パック入りバンドルパックが2個まで、インスタントラーメンの袋麺(5個入り)は1袋まで、などなど連休中一度も行かなくて済むくらい買いたかったんですが少し残念。

それから、手持ちのウエットティシュペーパーが残り少ないため、雑貨コーナーに行くと一人一点限りと表示してあるにもかかわらず、棚にその一点すら無い。

丸い円筒形のボトル入りも詰め替え用も全く無い。

仕方なくあたりをうろつくと少し離れた通路脇にたくさん万能クリーナーが並んでいました。

除菌という文字に反応しないのは今時変ですが、棚に溢れんばかりに並んでいました。

混雑具合はさほどでも無くレジ待ちの列も間を開けて並んでいるので混雑しているように感じますが、思ったより早く精算が出来ました。

これでは、数日後にまたスーパーマーケットに行かなくてはなりませんね。

日本製の拭き取り万能クリーナー

3Dあべのマスク1枚届く

郵便封書でケアマネジャーから介護サービス利用者向けに布マスクが1枚送られてきました。

ケアマネジャー経由で政府が送った立体布マスク

中身を確認すると、厚生労働省から配布された布マスクである旨の送り状が同封され、ケアマネジャーを介して送られて来ました。

3D(立体)の布マスクで白色、耳掛けは伸縮のしない同じ生地で作られたであろう紐状のものが短めに縫製されていました。

父親に渡す前に、フィット感を確かめるべく装着すると、僕は比較的小顔の部類に入ると思っていますが、耳掛けが伸縮しないうえにとても短いので耳が痛い、これでは子供用にしかならない?。

子供の頃使っていたパンツ(下着)の生地を思い出す。パンツのゴムが伸びて母親にヘアピンをガイドにしてゴム紐を入れ替えてもらいましたが、どうせならパンツのゴム用を耳掛けに使えばよかったのですよね。

布マスクですので、繰り返し洗濯をすれば使用可能になるようですので、介護ザービス利用時には着けて送り出したいと思います。

布マスクが、すり切れる頃には新型コロナウイルスCOVID19が終息している、或いは介護サービス利用終了になっているか?。

このような税金の使い方以外に現在進行形で幾らでも山積した使い道があると思われます。

 

 

スポンサーリンク

人気ブログランキング

feedly

follow

-介護

Copyright© 自由人の旅 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.