スポンサーリンク

介護

ディサービス利用料金請求書届く|内科医院受診

投稿日:

やっと春らしい暖かな過ごしやすい気温になりましたね。

父親の通うディーサービスセンターの利用料金の請求書が届きました。それから、掛かり付けの内科医院を受診して血液検査の結果説明を聞いて驚きました。

ディサービス利用料金請求書

ケアマネージャーのご紹介により、隣町ではありますが、車で10分程度と近い場所のディーサービスセンターにお世話になり早いことに1ヶ月が経過してました。

行く前は、行きたくなくて小さいこのように駄々をこねておりましたが、最近は行く日を自分で認識して、僕が用意した着替えのバックを寝室から茶の間に移動したり、僕が用意したお出かけ用の服に着替えるなど行く気満々の様子です。

最近、基本的には会話らしい会話が出来ませんが、同じ利用者の方ともお話をしているとスタッフから聞いています。

会話にならずとも、リハビリには多少の貢献があるのでは無いかと思って居ます。

利用しているディーサービスセンターの請求書の受け取り方は、着替え用のバックの中に、連絡用のジッパーバックにで毎回その日の出来事や血圧測定結果や体温測定の記録が入っています。その中に、請求書を入れて受け取るシステムになっています。

口座引き落としの希望者が大勢おられるとスタッフが仰っていましたが、何れはそうなるようですが、現在はこのシステムを採用しているとのことでした。

請求金額を確認すると、7日間利用で9349円と思っていた金額の約半分でした。

内訳 要介護1の場合

6時間以上7時間未満利用額が572単位×7日

入浴介助加算50単位×7日

中重度ケア介助加算45単位×7日

サービス提供サービス加算18単位×7日

小計5078単位×10.14円→51490円

自己負担割合は1割のため、5149円

昼食代金(消費税非課税)600円×7日→4200円

自己負担金5149円+4200円→9349円となりました。

一日お世話になり昼食を頂き入浴までさせて頂いてこの金額は非常に安くて素晴らしい制度だと再認識増した。

掛かり付け内科医院を受診

前回は3月の初旬に、受診して血液検査もして頂きました。

今回は、血液検査の結果説明を受けました。その結果に僕はとても驚きました。

肝臓系、腎臓系、コレステロール値の数値などどれを見ても、基準範囲内でしかもギリギリセーフでは無く、ど真ん中のストライクなんです。

血液に関し、とても健康体で有ることがよく解りました。

そして、1ヶ月分の血圧降圧剤や血液サラサラになる薬・整腸剤などを処方して頂きました。

あとがき

失語症になり認知機能は低下して、益々不安といった悩みなどのストレスも感じない状態では、元気で長生きは必至ですね。

しかし、気温が上昇しても、相変わらずコタツのSWをONにして、居眠りをしながらテレビを見ているが日課ですので、何れは運動不足がボディーブローの様に効いてくるような気がしますね。

スポンサーリンク

feedly

follow

人気ブログランキング

-介護
-

Copyright© 自由人の旅 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.