調理

空き地のヨモギと庭のパセリの天ぷら|春の食材

投稿日:

昨日は、朝の間だけ晴れ間が見られましたが、天気が下り坂のようで曇りでしたね。幸いにして風が吹かなかったので屋外での作業は心地よかったです。だた、春ですので体中が埃っぽくなりました。

庭の草むしりに励みましたが、なかなか進みません。インターネットの音楽ストリーミング配信をスマフォで聞きながら、雑草と葛藤しております。懐かしい1970年代から80年代の曲をチョイスして聴いているのもなかなかいいものですね。

懐かしの楽曲を聞き、その当時の出来事を思い出します。メロディーは脳の奥に中に刻まれていた記憶を呼び戻してくれますね。

そんな事を考えているので一向に草むしりは進みません。

まぁ、報酬を入るための作業ではありませんので、ほんの少しだけでも進めば良いのですよ。

午後3時をすぎると、風が吹き始めて、埃っぽさが倍増しましたので、草むしりの作業は中断しました。

ヨモギの葉とパセリ採る

近所の空き地に、ヨモギの葉が出始めましたので、採取しました。毎年梅の花の咲く頃に出始めるヨモギですが、今年は梅の花の咲くのが早すぎたようです。ヨモギの葉は、天ぷらが良いですね。

ヨモギが出始める3月末1

ヨモギが出始める3月末2

我が家の家庭菜園にて、昨年の夏にナスとピーマンの根本にパセリの種を蒔き気休めの防虫を兼ねて育てましたが、秋になりナスとピーマンを撤去したため根本のパセリが勿体ないので、庭の片隅に移植しておきました。それらが、冬の霜や霜柱に負けずに育ち続けていました。今が食べごろです。

我が家の庭の片隅のパセリ

ヨモギの葉とパセリと農産物直売所で買ったニンジンを天ぷらにしました。

ヨモギとパセリとニンジンの天ぷら

ヨモギは好き嫌いが激しい食材ですが、天ぷらに揚げると独特の癖が少なくなり嫌いだという方には食べやすいですよね。
ヨモギの独特な風味は、好きな方にはたまらない旨味なんですがね。

パセリも同じように、嫌いだという方がおられますね。それもまた、天ぷらにすると独特の癖が少なくなります。
パセリの風味を味わうのであれば、生食が一番良く味わえます。

ヨモギとパセリとニンジンの天ぷら

はやり、この中で一番自己主張が強いのは、ヨモギの葉ですね。
独特の風味は天ぷらに揚げたことにより、少なくなってしまってますが、はやり旬の食材のヨモギはヨモギです。

パセリも香りが残っていてパセリを感じます。
しかし、インパクトに欠けますね。

ニンジンは、甘みがとても強調され、箸休めではありませんが、両青物に飽きたときに食べると甘みでリセットされたようで、またヨモギとパセリに箸が出ます。

天ぷら用の油と粉さえあれば、高価な食材を買わなくても季節ごとに、いつでも美味しい天ぷらができます。
安くて美味しくて体に優しい良い料理ですね。

季節ごとに旬の食材を頂くのは、体に特に精神に良いのです。

 

スポンサーリンク

人気ブログランキング

feedly

follow

-調理
-, ,

Copyright© 自由人の旅 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.