スポンサーリンク

日記

オファー辞退|定年退職後

投稿日:

先週まで、梅雨の戻りのような天候が続き、重ね着をしていましたが、一転して毎日暑い日が続きますね。
就業と言うほどの事では有りませんが、暇を持てあましているのであればとのことで、お話を頂きましたが、結果は辞退させて頂きました。

専任電気管理者の依頼

仙人ではありません。一定規模以上の変電設備を有する企業体などには、電気を管理する専任の管理者を経産省に届けなくてはなりません。

とある企業の専任者が歳を召され、引退したいとのことだそうで、代わりにどうかとのお話を頂きました。

専任者の主な業務内容は、一月に2度ほど、
変電設備の状況を目視点検をして、計器類の状況を記録する。
また問題があれば、速対応する。
一年に1度の年次点検の立会。
また工事などがあれば立会。

と主な内容がありますが、実際に一月に2度の記録と年次点検の立会しか有りません。

契約額は、一月あたり数万円の予定だそうです。
記録と目視点検で30分程度の時間しか要しません。
凄く時間給は良いことになりますが、やたらに遠くに旅行に行けなくなることこれが大問題です。

法的には、かなりグレーです。
社員では無いのに社員扱いする。
対外的には社員で、名刺には肩書きもそれないりの地位が与えられます。
事実上は、ただの契約社員。
正社員として依頼されても辞退しますが、法令補遵守する気があるのであれば、正社員として検討するべきだ。

とても良いお話なんですが、辞退させて頂きました。

架空線

画像は、電力会社の送配電線ですが、一番上の線は、架空地線と言い、空中を走る接地線(アース線)裸の鋼線ワイヤーです。

その下の、横に並んでいるのが、6600vの高圧線で、一般的には絶縁被覆付きアルミ撚り線です。

今回のお話の中で、変電設備に供給している電源線は、この電線(6600vの電圧)から供給されている設備です。

一番下の、4本の電線は、絶縁被覆付き銅撚り線、上から3本が3相200V(モーターなどの動力用)2.3.4番目は、照明などに使う単相100v/200vになります。

以上どうでも良いことです。

スポンサーリンク

-日記
-

Copyright© 自由人の旅 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.