スポンサーリンク

介護

ケアマネージャー選任契約|ケアプラン打ち合わせ

投稿日:2019年3月2日 更新日:

前日連絡があったケアマネージャーの方が、我が家に訪問され、契約をしました。

ケアマネージャー選任契約

リハビリのために入院中だったころから、連絡を取り合りあっていましたが、退院後でも十分な時間がある旨だったため、父親が退院するまで、待って貰って家族と一緒に説明を受けながら契約書類に書き込み並び印鑑を捺印して契約を済ませました。

基本的に、住所と氏名を書き込みましたが、数部に書き込むのはある程度の労力が必要ですね。

現在は、ケアマネージャーの費用は介護保険で全額支給されますので、自己負担はありません。

ケアプランの打ち合わせ

病院でのリハビリにて入院患者との会話や打ち解け具合など、尋ねられました。

全く、打ち解けていない旨を申し上げると、男性に多くみられると言う。

介護施設のディーサービスなどでも男性に打ち解けられない方が多いとか。

ケアマネージャーが父親に質問、「どんなサービスを希望しますか?」言うと、「おらぁいがねぇ」と言う。

最初から思いやられそうです。

続けて、「趣味は何ですか?」無言の父。

現在の趣味は、唯一テレビを見ることだけなんです。

1週間のディーサービスの利用回数上限を訪ねると、5でも6日でも可能とのことでしたが、ケアマネージャー曰く、あまり行きたくなさそうなので、最初は、回数と滞在時間を少なくして様子を見た方がよさそうですと言う。

プラン変更は柔軟に対応できるので、最初は週2日ぐらいにして、9時から3時半でどうですか?とのことでした。

入浴と簡単なリハビリ、そして、別途料金になりますが、昼食代金がかかりますとのことです。

昼食代金は、施設によりさまざまで、500円から800円が発生すると言う。

慣れてきたころ、週3回で9時から4時半にして頂こうかと思います。

ケアマネージャーは、事務所に戻り近くで週2日受け入れ可能な施設を選択して連絡しますとのことでした。

最後に、介護保険証と、処方薬の種類を記した書類をお渡ししました。

ケアマネージャーから受け入れ可能な施設の連絡

ケアマネージャーが我が家を去り約1時間後、早速連絡がありました。

自宅から数キロの隣町の施設が、受け入れ可能とのことでした。

そのまま進めてもらいたい旨を申し上げると、施設と連絡を取り早ければ、来週の初めに書類をもって訪問するとのことでした。

最短で来週の金曜日には、利用可能だとのことでした。

あとがき

どうにも、行きたくない父親、送迎車に乗せるまでが、相当駄々をこねると予想します。

想像するに、施設に行ってしまえば、案外大人しくなり良く言うことを聞くと思います。

病院では、リハビリを嫌がらずに言われたとおりによく頑張りましたと、理学療法士に褒められました。

波乱の幕開けにならねばいいですが、どうなることやら心配です。

スポンサーリンク

feedly

follow

人気ブログランキング

-介護
-

Copyright© 自由人の旅 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.