自由人の旅

還暦爺が、自由気ままな人生の旅を綴ります

アナリティクスレポートサイトの速度

      2017/02/25

アナリティクスレポートサイトの速度について述べさせて頂き居ます。

サイトの速度

メインブログの1000PV/日超えにしたがい、アナリティクスレポートのサイト速度のページ速度が、徐々にスピードダウンしているレポートが、目立ちますね。

関連記事

読み込み速度の提案が出ていました。高度な技術が無い僕は、レポートのマニュアルをいくら熟読しても理解できない物は理解できません。(開き直りと諦め半分?)

画像を最適化する

画像に適切なフォーマットと圧縮を選ぶことで、データ サイズを大きく削減できます。

サーバーの応答時間を短縮する

Google のテストでは、お使いのサーバーは 1.2 秒で応答しました。サーバーの応答時間が遅くなる要因はたくさんあります。サーバーが多くの時間を費やしている箇所を監視し、測定する方法については、Google の推奨事項をお読みください

ブラウザのキャッシュを活用する

静的リソースの HTTP ヘッダー内で、有効期日や最大経過時間を設定すると、ブラウザがネットワークからではなくローカル ディスクから以前にダウンロードしたリソースを読み込むようになります。
次のキャッシュ可能なリソースでブラウザのキャッシュを活用してください:

スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する

このページには、レンダリングをブロックするスクリプト リソース が 1 個、CSS リソースが 8 個あります。これが原因で、ページのレンダリングに遅延が発生しています。
以下のリソースの読み込みが終わるまで、このページでスクロールせずに見えるコンテンツを何もレンダリングできませんでした。レンダリングをブロックするリソースの読み込みを遅延させるか、非同期に読み込むか、これらのリソースの重要部分を HTML 内に直接インライン化してください。

圧縮を有効にする

gzip や deflate を使用してリソースを圧縮することで、ネットワークで送信されるバイト数を減らすことができます。

JavaScript を縮小する

JavaScript コードを縮小すると、データ サイズを大きく削減でき、ダウンロード、解析、実行の速度を向上させることができます。

何度読み返しても、別サイトを閲覧しても理解不能です。そこで無い知恵を絞り実験しました。

レポートの中に、先日紹介した記事がありました。

サイドバーのバナー

レポートに記載されていました、その他サイドバーに貼り付けてある、バナー類や広告が速度低下の対象になっておりました。

圧縮する旨のレポートですが、生憎僕の技術では対応が困難なため、暴挙にでました、圧縮ができなければ、削除すればそのことに関しての改善は、完全解決になるはずです。
折角設定貼り付けしても、対効果が薄い場合は、削除しても仕方有りませんね。

プラグイン

それから、各プラグインもかなりのウェートを示していました。プラグインをやたらに入れるとサイト速度は遅延する旨の記事をよく目にしていましたが、正にその通りでした、あまり影響のしないと思われるプラグインを、3ヶ停止しました。

ログイン、RSS、WordPress.org へのリンク

ログイン、RSS、WordPress.org へのリンクこれも案外の容量でした。

画像

EWWW Image Optimizerにて画像圧縮はしておりますが、無料のプラグインの限界なのか設定の不備かは不明です。

ワードプレス特有のタイトル・キャプション・代替テキスト・説明が有りますが、タイトル・キャプションは、記載した方が良いですが、代替テキスト・説明は記載の必要はかなり低下しているようです(もはや不要のようです)ワードプレス当初は全く記載しておりませんでしたが、ある日全部記載した方が、SEOには良と判断して全部記載しいました。
説明文は、無駄だったようです。

実験結果

以上を実行した結果、PageSpeed スコアが43が68まで上昇しました。高度な技術が無い場合は不要(決して不要では有りませんが)と判断されるものは、削除する方が手っ取り早いと思われます。

あとがき

無い知恵でも、まだ第二弾が有ります。乞うご期待してくださいね。目指せ90点。

スポンサーリンク

ブログ村

人気ブログランキング

 - Web , , ,