ジャガ芋の枝に実が生る|トマトそっくり

ジャガ芋を、生ゴミの養分だけで育てている最中の、枝にトマトそっくりな実が生りました。

生ゴミとして、ジャガ芋の皮から自然に発芽して、野生化の一途辿ったせいか、大きな草になり開花そして、本日トマトそっくりな実を発見しました。

しかも、1本だけではなく、2本の草の枝に実を付けました。

ジャガ芋の枝から実が生る1

ジャガ芋の枝から実が生る1-2

別な草の枝には、まだ花が咲いていますが、小さな実を付けました。

ジャガ芋の枝から実が生る2

関連記事 先日投稿した記事もご覧ください。

生ゴミファーム活躍中|ジャガ芋&トマト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実の生る条件

実の生る条件としては、いくつか考えられるようです。

野生化

そもそも、ジャガ芋は品種改良により現在の大きな芋が生るわけですが、野生だった頃は実を付けることが、普通のことだっそうです。

毎年、生ゴミとして皮を、埋めているので、そこから育ったジャガ芋は、野生化していたと思われます。

空梅雨に依る好天

空梅雨の影響、6月に入り成育中に今年は、空梅雨で降雨量が極端に少なくてカラカラの状態で、実を付けて、子孫を残す摂理が働いたのもあります。

品種

ジャガ芋の品種にも依るそうです、一通りの種類のジャガ芋を食べていますが、好んで購入するのは、北ひかりやメークイーンですので、これらの品種は、実が出安いようです。

以上の条件が揃い、トマト似の実が生ったと思われます。

まとめ

やがて、熟してオレンジ色になり食べ頃を迎えると思います、多分熟せば立派な食材になり食べることが出来ます。

立派な食材だと言うことを証明すべく、食べてみたいとおもいます。

我が人生於いて、初めて見るジャガ芋の実ですが、天変地異などで片付けるのではなく、条件次第で起こりうる事由だと言うことを再認識ました。