自由人の旅

還暦爺が、自由気ままな人生の旅を綴ります

河川敷の菜の花「大地の恵みを収穫」

   

小貝側親水公園

良い天気になりましたね。
愛犬のトイプードルまぁこを連れて、小貝側の河川敷を散歩しながら、菜の花を摘みました。

場所にもよりますが、今年はやや不作のようです、昨年と同じ場所が、今年も豊作と言うことは無いと言うことななるようです。

菜の花は大地の恵み

しかし、立派に育った菜の花のつぼみと新芽を、摘み取り大地の恵みとしてありがたく頂くことにしましょう。

からし菜の子孫

葉っぱがギザギザしている菜の花は、からし菜の自生種のようです、以前流れ着いたときには、辛みが強くやや苦みがありましたが、この数年は辛みが殆どなく苦みだけが、強く出るようになりました。

西洋油菜

全部が、からし菜の子孫ではありません、甘くて美味しい菜の花もありますので、誤解の無いようにお願いします。(からし菜の子孫の確率は、高いです)

ほぼ自生して甘くて美味しいのは、西洋油菜ですよね。

20分程度で、大きめのレジ袋で8分目程度、摘み取りました。

ギサギサ葉っぱのからし菜の子孫

甘い西洋油菜

菜の花湯がき

早速、帰宅後良く洗って湯がきます、大きめの鍋に、お湯を沸かし沸騰したら、塩を適量(大さじ1杯か2杯、適量だけに適当)、茎の部分から入れて30秒、次に葉っぱ部分までお湯につけて、30秒したら、お湯から出して、冷水に入れ冷やして、湯がき完了です。(生食出来ますので、お好みで短時間でも良いかと思います)

甘い油菜 今日の収穫

菜の花の湯がき

湯がき完了して、皿に盛り付けました、この時点では、味付けはしていません。

菜の花の湯で上がり

菜の花の湯で上がり盛り付け

お好みで、マヨネーズや醤油、ドレッシング、又はそのままでも頂けます。
素材の甘みを楽しむためには、何も足さないでそのまま食したほうが、ベストだと思います。

油炒め

フライパンに、サラダ油をひいて、良く熱し菜の花を数センチにカットして投入します、素早く炒めて、昆布つゆをかけて、一煮立ちしたらできあがりです。

盛り付け後、山椒と一味唐辛子をトッピングして頂きました。

菜の花のカット

菜の花の炒め

 

スポンサーリンク

ブログ村

人気ブログランキング

 - 大地の恵み