自由人の旅

還暦爺が、自由気ままな人生の旅を綴ります

アゲハの幼虫|柚の葉をおすそ分け元気に育て

   

今年も、柚の花が咲きそして、若葉の緑が濃くなる頃、花びらの散った後に小さな実がつきました。

それに伴い、毎年お馴染みのお客さんがやって参りました。

柚の葉とアゲハの幼虫

アゲハの幼虫は、柑橘類の葉が好物のようですね。我が家の柚は、選定をしないで伸び放題の状態にしております。
また、殺虫剤などは一切噴霧したことはありません。
数年前に剪定して小さくまとめた年には、殆ど収穫が出来ませんでした。
それ以来伸び放題の放置状態です。自然のままなので、アゲハの幼虫も好んでやってきます。

現在見える範囲には2頭だけです、毎年一切駆除はしたことがありません。
アゲハの幼虫だって生きていくために頑張って食べているのです。
少しぐらい分けてあげても良いじゃありませんか。
しかし、地面には無数の黒い糞が落ちています。(けして綺麗には見えません)
2頭では食べ尽くされる程の勢いは無いようです。
最近野鳥が多いので何時まで、この状態でいられるか心配になるときも有ります。
なるべく下の方の葉を食べていれば、野鳥に補食される確率は下がるのですがね。

アゲハの幼虫と柚の葉

昨年は、5頭ほど居ましたが、樹勢に影響するほど食べ尽くされませんでした。
しかもいつの間にか野鳥に補食されたらしく、1頭も見あたらず、さなぎに生ったのは有りませんでした。

あとがき

よく観察すると可愛らしいですよね。それにさわるとピヤ~とする冷たい感じと柔らかい感触、見て触れて観察していると愛着が湧きます。

無理に駆除しなくても自然淘汰されます。食べたいだけ食べさせて暖かく見守ろうじゃありませんか。

アゲハの幼虫と柚の葉2

 

スポンサーリンク

人気ブログランキング

 - 庭木