還暦爺が、自由気ままな人生の旅を綴ります

自由人の旅

人生

終わりのない旅それが人生の旅です。そして、人生は一度だけ、二度と来ないこの一時を有意義に過ごそうでは有りませんか。若い時しか出来ない事が必ずあるはずです。無駄な時間は、一時もありません。年老いて重たくなった体で、行動をしても思うように実行出来ないじゃ有りませんか。若いときしか出来ない事がきっとあるはずです。

I think this Let's begin
Let us begin.
LET US BEGIN

ホームページ

還暦爺が語る実にたあいもないことですが、年齢を重ねただけの知恵が少しは・・・

仕事に明け暮れた毎日、早く定年がきて仕事をリタイヤして、自由気ままな生活、旅と考え待ち遠しい気分でしたが、いざ退職時期が近づくとなんか寂しい気持ちになるこの頃です。

深浦千畳敷

深浦千畳敷

最北端

最北端

うとろの夕日

うとろの夕日

過去の旅行

10年前に、メインブログで紹介している、200系ハイエースDXスーパーロングハイルーフをセルフ改造し、セルフで陸運事務所に持ち込みキャンピングカー登録しました。

その時点で、旅は始まっていましたし、今現在も旅は、仕事の合間に楽しんでおります。

仕事は、電気関係の仕事をしており、企業、特に工場の設備関連が多いので、一般の方の休日に仕事が集中してします訳です。

それが、幸か不幸かその反対に、繁忙期以外は、割と時間が取りやすいと言うか暇なんです。

すると、以前は1週間から2週間程度連続で休日を頂き、その許されるギリギリの日程まで利用して、旅をしました。

北海道旅行

今までで、北海道に一度、2週間の休みを利用して、行きは東北自動車道を利用して、その日のうちに青森からフェリーで函館まで到着する。タイトスケジュールで北の大地に上陸しました。

かみゆうべつチューリップの湯

かみゆうべつチューリップの湯

網走本線北浜駅

網走本線北浜駅

野付半島

野付半島

砂湯

砂湯

九州・山陰旅行

九州も2週間の休みを頂き、行きは東名・名神・山陽道と乗り継ぎ北九州市の友人宅にお世話になり、日本海側を一般道で帰った良い思い出もあります。

関門海峡

関門海峡

北九州市の赤煉瓦倉庫

北九州市の赤煉瓦倉庫

門島大橋

門島大橋

出雲大社

出雲大社

四国・中国旅行

四国には、2度ほど参りました、一度目は広島まで山陽道で行ってしまなみ海道を利用して、愛媛宇和島などを堪能して、高知方面に行き徳島方面にから鳴門の渦潮を見に行きました。(生憎潮回りの関係で見えませんでした)

二度目は、岡山の友人に会うために、まずは前回行かなかった所、愛媛の道後温泉など市街地に行き、八幡浜方面を堪能して、香川県に向かい讃岐うどん三昧をしました。そして瀬戸中央自動車道にて倉敷から岡山北部を見学して、岡山東部の友人宅にお邪魔しました。

岡山後楽園

岡山後楽園

道の駅多々羅しまなみ公園

道の駅多々羅しまなみ公園

高知桂浜

高知桂浜

四万十川沈下橋

四万十川沈下橋

紀伊半島旅行

紀伊半島は、2周しました。白浜あたりは真冬でも暖かくて過ごしやすい所ですね。終の棲家は、白浜なんてね。

和歌山千畳敷

和歌山千畳敷

道の駅志原海岸の海岸

道の駅志原海岸の海岸

熊野古道

熊野古道

ウミガメ公園のウミガメと愛犬

ウミガメ公園のウミガメと愛犬

北陸旅行

北陸も何度も行きました。特に富山の海岸沿いが大好きです.豊富な魚介類の宝庫富山湾の幸を頂くために、春先から真夏、秋口は勿論、初冬の香箱蟹解禁の時に射水市まで行ったりしました。

また、富山から奥飛騨温泉郷までよくゆきました、奥飛騨温泉の荒神の湯(こうじんのゆ)に朝から晩まで温泉三昧をして数日間滞在したことも有りました。

親知らず海岸

親知らず海岸

道の駅能生で紅ズワイガニ

道の駅能生で紅ズワイガニ

天然温泉海王

天然温泉海王

高岡市雨晴海岸義経岩付近

高岡市雨晴海岸義経岩付近

長野方面旅行

長野方面の多数行きました。特に好きなのは長和町です、大自然がいっぱいで温泉は良いし食べ物も海の幸は無くても山の幸で充分楽しめます。

上田城跡

上田城跡

白樺湖

白樺湖

志賀高原

志賀高原

旧中山道和田峠

旧中山道和田峠

中部旅行

岐阜方面の何度か行きましたね、愛知県から岐阜に入り本巣市、関市、美濃市、郡上市、そして高山市とくれば少し脚を伸ばして、奥飛騨温泉郷となるわけです。

奥飛騨温泉郷は、愛知や岐阜方面からと富山方面からと複数のルートで行きましたね。

彦根城跡

彦根城跡

近江商人古い町並み

近江商人古い町並み

関市の古い町並み(うだつの上がる家)

関市の古い町並み(うだつの上がる家)

奥飛騨民俗館

奥飛騨民俗館

東北旅行

北海道の帰り道も東北地方は、時間の許される限り、見学をして参りましたが、そげ意外にも東北方面は、地方としては最多訪問しています。何とも東北の方の人柄は、日本人の鏡を行っても過言ではないくらいの、穏やかで暖かみがり良い方々が沢山おります。

浅虫温泉鶴亀食堂マグロ丼

浅虫温泉鶴亀食堂マグロ丼

鶴田町鶴の舞橋

鶴田町鶴の舞橋

道の駅あつみ

道の駅あつみ

岩手県焼け走り溶岩流

岩手県焼け走り溶岩流

酒田山居倉庫

酒田山居倉庫

八戸みなと食堂

八戸みなと食堂

尻屋崎公園の寒立馬

尻屋崎公園の寒立馬

尻屋崎公園の寒立馬

尻屋崎公園の寒立馬

そんな東北は、時間があれば、また再訪問したいところです。

人生は旅の連続

終わりのない旅それが人生の旅です。終わるときは人間も終わる時です。

定年に成ってから、重い体を引き摺りながら旅をするよりも、若いうちの体力のあるときに旅や趣味を謳歌した方が、良いと思います。
人生は二度ありません、遊びたいときが遊ぶときです。
今すぐ行動計画をたてましょう。

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Copyright© 自由人の旅 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.